作業員

ハクビシンやコウモリ駆除には知識と経験が必要!

見た目と違い凶暴

アリ

特定外来生物

見た目は可愛くて愛らしいアライグマですが、実は凶暴で農作物を荒らしたり人に危害を加えたりします。タヌキの様な見た目のため、おっとりとした性格なのかと思いきや、気性が荒く自分の身を守るためなら人を襲います。本来アライグマは日本にいるはずもなく特定外来動物として扱われているのです。夜行性で水辺を好む為、山に生息していて木の実や虫などなんでも食べます。見た目が可愛いので、飼育をしたいと考える人もいますが無許可で飼育する事は禁止されているために許可を取得したり隠れて飼育している人もいるようです。実際に飼育してみて、あまりの凶暴さに飼う事を諦めて山に逃がしてしまう事によって、各地で繁殖しています。

生態系を乱されない為に

アライグマが多く生息する地域では、農作物などを荒らされるために駆除をしなくてはなりません。特定外来生物であるため、外来生物法に沿って駆除を行う必要があります。アライグマは手先が器用である為、農作物を保護するネットなどはいともたやすく破ってしまいます。アライグマの駆除を専門に行っている業者などは、専用の捕獲カゴで捕獲します。雑食であるため、ドッグフードやバナナなど臭いのする餌でおびき寄せる事が出来ます。一匹を見つけると周囲には数匹いるとみられるため、早めに駆除する事が必要になってきます。捕獲カゴに入ったアライグマを取り出す際には、鋭い爪で引っかかれたり牙でかまれたりする可能性あがあるので、厚手の上着と皮手袋で保護する必要があります。