作業員

ハクビシンやコウモリ駆除には知識と経験が必要!

ハクビシンを駆除する

作業員

鳥獣保護法

ハクビシンは日本の地にごく普通に生息している野生動物です。漢字で表記すると白鼻芯と書きます。文字通り、額から鼻にかけて白い線が通っているのが特徴です。外見は猫と狸の中間といったところです。ハクビシンは里山だけでなく、市街地にも出没します。夜行性のため、人が目撃することは稀ですが、人里はハクビシンにとっても快適な場所として住んでいるようです。その理由は、食料が豊富なことです。お墓があれば、お供え物をおいしく頂戴し、飼い犬の餌なども盗んでいきます。畑や果樹園があれば、それも荒らしに来ます。最近、住宅街での被害も多くなり、ハクビシン駆除の声が上がり始めました。人の生活への被害が甚大である場合、野生動物も駆除の対象となります。しかし、野生動物の駆除には、鳥獣保護法を順守する義務があります。

自治体への届け出

ハクビシンなどの野生動物を駆除するためには、自治体への被害の申告が必要となります。ハクビシン駆除を個人が自発的に行うことは禁止されているので、注意が必要です。被害の届を受けた自治体では、ハクビシン駆除をどの程度行えば良いのかを判断します。捕獲する頭数、殺処分とするか、里山に返すかを総合的に判断することになります。そして、正式にハクビシン駆除の許可が下りれば、捕獲や猟が認められます。しかし、人によってはそのような手続きが面倒に感じる方もいるかもしれません。そのような場合は、業者に駆除依頼をしてもいいでしょう。業者は鳥獣保護法に関する知識を豊富に持っているので、法令を順守した形式でハクビシンを追い出してくれます。自治体への申請も分かりやすくアドバイスしてくれるので、手続きが簡単になります。