作業員

ハクビシンやコウモリ駆除には知識と経験が必要!

有効な対策方法とは

シロアリ被害

野生化による被害

近年はアライグマが住宅地や農作地を襲うニュースが流れることが多くなりました。これはアライグマが野生化していることが原因です。アライグマというのは外来種なので、本来日本の自然環境にはいないはずです。それにもかかわらず、このような被害があるということは飼っていたアライグマを捨てる飼い主が多く、そうして野生化してしまったためです。被害が近年では大きくなっていますので、しっかりとした駆除が求められます。アライグマを駆除する方法として挙げられるものは何かというと、業者に依頼することです。駆除業者は、外来生物法に基づいて駆除を行っています。そのため、連絡を入れると無料で駆除トラップを貸し出して捕獲してくれるのです。

トラップのポイント

捕獲トラップを貸し出してもらったら早速取り付けます。このときのポイントとしてはエサです。エサにはアライグマが好きな次のような食べ物を置いておくと良いでしょう。バナナ、お菓子、パン、ドッグフードなどです。捕獲器の中だけでなく周辺にもばら撒いて起きましょう。そうすると、トラップにかかりやすくなります。トラップを仕掛けたら日々中身を確認しましょう。周辺のエサが減っていないかどうかも含めてみます。よくあることに猫や犬が入っている場合があります。1匹を捕まえるのにかかる期間は平均的に1ヶ月程度はかかります。捕獲した場合は速やかに市役所に連絡を入れます。個人で駆除することは危険です。アライグマは非常に凶暴なので、専門家以外は手を出してはいけません。