笑顔の男性

ハクビシンやコウモリ駆除には知識と経験が必要!

知識を身につけておく

コウモリ

業者

ハクビシン駆除をするのなら、専門の業者に依頼しておくに限ります。自分たちで無理に敢行すると、反撃されてしまい怪我をする可能性があるため、あまりおすすめはできません。では、どのようなところに頼むと良いのかというと、ハクビシン駆除業者のホームページにアクセスしておきましょう。そこで見ておくと良いのが、料金に関してです。とにかくこの部分が明確になっているところが望ましいものです。もしもわかりにくいというのなら、ハクビシン駆除業者に連絡しておき、どうなっているのかを詳しく聞いておきます。たったこれだけのことですが、やっておくのとやらないでは、作業後にトラブルになるのを防ぐことができるのです。

見極め方

天井裏で物音がした場合、ねずみではないかと考え、それ用の駆除道具を買って来て試してみても、一向に効果が出ないなどといったことは珍しくありません。それもそのはずで、いるのがハクビシンでは、ねずみ駆除の道具では役に立つはずがないのです。そこでハクビシンとその他の動物の見分け方を覚えておくと良いです。まず、かなり大きく、尻尾を含めると一メートルほどになるため、足音もかなり迫力のあるものになります。ねずみにしてはうるさいと感じたら、ハクビシンを疑いましょう。足跡が残っていることがあるのですが、指が五本なので、四本のたぬきとの違いは明白です。部屋の中から天井を見上げた時に、シミができている、あるいは糞尿の臭いがするというのなら、ハクビシン駆除業者を呼びましょう。

糞尿の被害が深刻

ハクビシンと同様に住宅への被害もたらすとされているのが、コウモリです。日本に生息するコウモリに吸血性のものはいないとされており、害虫を食べてくれるなどのよい面もあります。しかし、住宅を巣にしてしまうことで、糞尿の被害は避けることができません。住み着いた数が多いほど被害は深刻なものとなるため、早めにコウモリ駆除を依頼するとよいでしょう。コウモリ駆除も、専門の業者に依頼するのがおすすめです。コウモリ駆除をするにあたって、侵入経路を探し出すのが最も困難とされています。コウモリ駆除業者はプロですので、経路の発見も安心して任せることができるのです。

ハクビシンを駆除する

作業員

ハクビシンは、市街地にも普通に生息しています。最近は、人里での被害も多くなり、ハクビシン駆除の声も上がっています。ハクビシンを駆除するためには、自治体への被害届が必要です。届を受けた自治体は、どの程度の駆除を行えば良いかを判断した上で、ハクビシン駆除の許可を出します。

詳しく見る

有効な対策方法とは

シロアリ被害

アライグマは外来種なので日本にはいないはずですが、飼い主が捨てたことで野生化したものが多くなっています。被害が拡大していて自治体は駆除に積極的です。市役所に連絡すると捕獲トラップの貸し出しをしてくれます。

詳しく見る